ジスロマックはウイルス性の感染症の治療にも有効?

人間が病気になる理由の多くは病原微生物が体内に侵入し、繁殖してしまうためです。その病原微生物にはウイルス、細菌、真菌などがあります。ジスロマックは歯科や内科、外科など様々な診療科で処方されている抗生物質ですが、これらの病原微生物による感染症の場合の治療にも有効なのでしょうか。
抗生物質は細菌を撃退する薬です。ジスロマックは抗生物質のため、病原微生物の中の細菌が原因で起こる感染症の治療や炎症の予防に処方されます。歯科で歯を抜いた後に化膿してしまうことを防いだり、扁桃炎や中耳炎、肺炎やクラミジアなどの性感染症の場合にも治療薬として処方されます。しかしウイルスや真菌には効果がないため、インフルエンザなどウイルスの感染が原因で起こった病気に関しては処方されていません。ウイルスにはウイルスを退治することができる薬の処方を受けるようにしなければなりません。そのため、ジスロマックの処方を行う場合、風邪などで原因が最近なのかウイルスなのか判断がつかない場合には、検査や経過を観察しながら薬の処方が行われます。ジスロマックなどの抗生物質はやみくもに処方してしまうと、耐性がついてしまった細菌が発生してしまい、本当に細菌が原因で感染症になってしまった場合に抗生物質が効かなくなってしまうという事態が発生してしまいます。そのため、明らかにジスロマックが有効な細菌の感染による症状だと判断されない限り、処方がされないというケースもあります。
しかし、ウイルス性の感染症の時にもジスロマックが処方されるケースがあります。それは体力が落ちているために感染しやすくなっている細菌の二次感染やその予防のために処方されることもあります。

ページトップへ