コンジロームの治療法やジスロマックについて質問

コンジロームは性感染症の一種で、クラミジアほどは知られていないものの、近年、増加傾向にあるといわれていて、10代~20代前半などの、比較的若い方の感染者が多いといわれています。
性器やその周辺にカリフラワー状のイボが発生し、放っておくとどんどん大きくなって、数が増えていくので、見た目にも気持ちが悪い状態になります。
痛みやかゆみなどの症状が起こる場合もありますが、初期の段階では何も感じない方がほとんどです。
ヒトパピローマウイルスの感染によって発症し、主な感染経路は皮膚や粘膜が直接触れ合う、性行為によるものと考えられています。
性感染症はコンドームさえしていれば、うつらないので平気と思い込んでいる方もありますが、イボが大きく広がっている場合は、それでも感染することがあるので、感染者との性行為は避けるようにしてください。
基本的には自然に治るようなことはないので、コンジロームに感染したら、悪化する前に治療を受けなければなりません。
メスを使ってイボを切り取る外科手術と、ベセルナクリームなどを使った薬物治療があるので、詳しいことは病院で質問するようにしてください。

性感染症の中でもクラミジアになってしまった場合は、ジスロマックを服用すれば治せます。
ジスロマックは病院へ行けば処方してもらえるので、性器にかゆみや痛みを感じたら、早めにお医者さんに診てもらうようにしたいですね。
コンジロームと同じく、クラミジアも放っておくと悪化する一方なので、早めにジスロマックを飲んで治すようにしましょう。
男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科に行けば、性病の治療法や薬について教えてくれるので、質問したいことがあれば、診察室で尋ねるようにしましょう。

ページトップへ