ジスロマックの効能と副作用について

ジスロマックは、マクロライド系といわれる新しいタイプの抗生物質で、従来のペニシリン系の抗生物質では対応が困難だった病原性微生物にも対応できる場合があります。
このジスロマックの効能ですが、錠剤などとして経口服用することによって、血液中にその成分がいきわたり、病気の原因になっている細菌が増殖するのに必要なたんぱく質の合成を阻害して、増殖できないようにしたり、あるいはきわめて高い濃度がある場合では殺菌的な役割も果たすというものです。
こうしたジスロマックの効能は、たとえば肺炎球菌、連鎖球菌、クラミジア、マイコプラズマ、淋菌などといった、かなり広範な菌種に対して及ぶことがあきらかとなっています。
そのため、風邪や肺炎、急性気管支炎などで病院の内科にかかったときに処方される場合があるほか、歯周病の際には歯科でも処方されることもありますし、やや特殊ですが性器クラミジア感染症、淋病、尿道炎、子宮頚管炎などといった、性感染症の場合にも婦人科などで処方される場合もあります。
このように、ジスロマックはかなりオールマイティーな抗生物質であり、副作用についてもあまり重大なものはありませんが、人によっては服用したときに腹痛、下痢、嘔吐などの消化器に関連した副作用があったり、あるいは発疹、発赤といった皮膚関連の副作用が生じる場合もあるようです。
また、自覚症状としてはあまりみられないものの、定期検診などの機会に、ジスロマックの服用が原因となって、肝臓の機能を示す数値に異常値がみられたりすることも、まれにあるといわれています。
さらに、ジスロマックに限らず、化学的に合成された医薬品全般の副作用として、とつぜんに皮膚が赤くただれたり、めくれ上がったりする皮膚粘膜眼症候群のような重篤な副作用もありますので、医師や薬剤師の指示にしたがい正しく使用することは不可欠です。

ジスロマックが選ばれるワケ

ジスロマックは、感染症の治療に用いられる抗生物質を含んだ医薬品ですが、これを服用することによって、感染している細菌の増殖が抑制されたり、殺菌されたりするという効果があります。
このジスロマックは、感染症の治療薬としてはさまざまなシーンで登場しますが、そのようによく用いられるには理由があります。
まず、ジスロマックは主として細菌をターゲットとしていますが、その範囲がきわめて広く、いろいろな病気の治療に使えるという汎用性が挙げられます。
たとえば、内科的な肺炎、マイコプラズマ感染症、急性気管支炎、咽頭炎、喉頭炎といった場合に処方されることのほか、淋菌感染症、子宮頚管炎、尿道炎、性器クラミジア感染症などといった、いわゆる性感染症の治療にも有効であるというのはその一例といえますし、さらにはデンタルクリニックでも歯周病の際に処方されることすらあります。
また、ジスロマックはいったん服用すれば効果が長時間にわたって持続するというのも特徴であり、性器クラミジア感染症のようなしつこい病気の場合には、1回に成分量で1000ミリグラムを服用するだけで、7日間にわたって効果が持続し、治癒に至るということも知られています。
さらに、抗生物質にはいくつかの種類があり、ショック症状のような副作用を起こしやすいということがいわれていますが、ジスロマックはマクロライド系抗生物質というカテゴリに属している比較的新しいタイプの抗生物質であるため、副作用についても重大なものは少なく、安全に服用できるというところも長所となっています。
このようにさまざまな特徴をそろえているところから、ジスロマックは感染症治療において選択される機会が多くなっているのです。

ジスロマックのジェネリックとは

医薬品のなかにはジェネリックといわれるカテゴリのものがあります。
このジェネリックというのは、すでに先行して発売されている医薬品があるものの、その医薬品の特許期間が満了していることから、別の製薬会社が成分をまったく同じにして製造した、後発の医薬品のことを指しています。
先行して発売されている医薬品は、発売に至るまでの過程で、病気に効果がある成分を研究によって抽出したり、実際に安全であるかどうかを臨床試験で確かめたりといった、さまざまな手間と費用がかかっています。
しかし、特許切れを利用したジェネリックであれば、そうした初期投資が必要ありませんので、結果として先行製品よりも格安の価格で市場に流通させることができるというわけです。
医薬品に含まれる細かな添加物などに違いはあるとしても、有効成分そのものは、先行製品とまったく同じですので、効き目についても基本的には同じはずです。
そのため、医薬品の費用を節約したいという人たちからは、このジェネリックが絶大な支持を集めているのです。
感染症治療のための抗生物質であるジスロマックは、病院で処方を受ければ健康保険が適用されますので、窓口負担がそれほど高額になることはありませんが、なかにはジェネリックを希望するという人もあるでしょう。
ジスロマックのジェネリックとしては、海外で製造されるもののなかに該当の製品があります。
しかし、基本的に日本国内では流通しておらず、薬局やドラッグストアで気軽に購入できるようなものではありません。
そのため、もしもジスロマックのジェネリックを入手するのであれば、たとえば法律に抵触しない範囲の少量だけを個人輸入するといった特別な方法によることになります。

ページトップへ